日常で使える心理学

聞き上手になるには?男も女も使える3つの基本テクニック【カウンセラー直伝】

聞き上手になるための3つの基本テクニック

 

話が続かない時の気まずさといったら、とんでもないですよね

うまく話を繋げたい!

初対面の人とも楽しく話したい!

あわよくば好印象を持ってもらいたい!

今回はこんな悩みを解決すべく・・・

知り合いのカウンセラーに聞いてきました!

 

「大切なのは基本的には3つだけだよ。」

だそうですので、3つだけ覚えて帰ってください。

 

聞き上手になるにはどうすればいいの?

 

先に3つのポイントを簡単に上げておきます。

  • 相手の話を熱心に聞く
  • どんな話でも関心をもって聞く
  • 自分のことのように聞く

一見当たり前のことのようですが、注意するポイントやコツがたくさんあるのでぜひ最後まで読んでくださいね。

1.相手の話を熱心に聞く(傾聴)

 

「相手の話を熱心に聞くなんて、当然のことじゃないか。」

ってなりますが、意外と大変なんです。

 

この「熱心に」 というのは、言葉だけではなく非言語な部分も聞く(気を向ける)ということです。

目線、表情、声色、しぐさ、などにも気を使いながら、

また、自分も非言語な部分も含めて聞く姿勢を作るということです。

 

  • 相手のほうに体を向ける
  • 体は前のめりに
  • 別のことはしない
  • あいずちを打つ
  • 声のトーンは高めに
  • 表情は明るく

こういったことを全て行うということです。

一つでも欠けたら、相手は「真剣に聞いてくれている」とは思わなくなります。

 

これは大げさに言っているわけではありません。

 

意外とできていないのではないでしょうか。

作業中に話しかけられたとき、体は相手のほうを向けていますか?

 

話を聞いているかよりも、話を聞いていると思われているかどうかのほうが重要。

だそうです。

 

2.どんな話でも関心をもって聞く(無条件の肯定的関心)

 

これができている人はほとんどいないそうです。

なので、これができたらすごい強みでもあります。

 

「無条件の肯定的関心」とは、

無条件→話がどんなものであっても

肯定的関心→良い悪いの評価をせずに話を聞く姿勢を保ち続ける

という意味です。

 

これは、「良い悪いの評価をせず」という部分がとても重要です。

 

いまから、「悪い評価」をしてしまっている会話をします。

 

 昨日Aちゃんと喧嘩して、泣かせちゃった
最低ぇ~

 

人が人に話をするのは、共感してもらうためです。

 

自分を否定してもらいたいわけではありません。

 

もちろん自分の意見を言うことが必要な場面もあります。

ですが、聞き上手であることが求められるときには

たとえそうは思わなくても

 大変だったね

 

といえるようになりましょう。

 

もう一つ、「良い評価」をしている会話をします。

 

ずっとひきこもっていたけど、今日は学校に行ったんだよ
 偉いね!明日からも行こうね!

 

なんの問題もないように思えますね。

でも、これも「正解」とは言えないんです。

 

これでも問題ない場合がほとんどですが、人によっては

ひきこもっていた自分を否定されていると感じ、自己嫌悪におちいることがあるんです。

 

学校に行くことが偉い=いかないことは悪い

 

となってしまうんですね。

 

なので、悪い評価だけでなく良い評価もできればしないほうがいいです。

 

この場合の正解は、

ずっとひきこもっていたけど、今日は学校に行ったんだよ
頑張ったね!久しぶりの学校はどうだった? 

 

といった、評価を下さずに肯定的な反応をすることが望ましいです。

 

 

また、「無条件=話がどんなものであっても」という部分も意外とおろそかになりがちです。

ガンダム好きなんだけどさあ 
いや、私そういうの興味ないから

たとえ興味ない話でも、興味があるようにふるまいましょう。

 

 ガンダム好きなんだけどさあ
見たことないけど、面白そうだから興味あるんだよねえ

 

何度も言うようですが、いつもこうあれとは言いませんが、聞き上手になるべき場面ではこういったことに気を付けましょう。

 

3.自分のことのように聞く(共感)

 

これは特に説明するまでもありませんが、

人は共感されることに喜びを感じます。

なので、共感しましょう。

 

ただ一つ、「共感」 がどういった意味か話しておくと、

自分の目線で見るのではなく、相手の立場になって見ることです。

 

上司に仕事押し付けられたー
 それは大変だったねーそういう上司にはなりたくないわー

 

悪い返しではないですが、

これは共感とは言えません。

 

なぜなら、自分の立場から物を見ているからです。

 

共感ができている会話というのは、

 

 上司に仕事押し付けられたー
うわー、自分の仕事は自分でやれって感じだよねー

 

こんなかんじです。

正解はいろいろあるとは思いますが、とにかく相手の立場になって考えることが重要です。

 

共感とはどんなものかうまく表している言葉があったので載せておきます。

共感とは、一緒に泣くことではなく、いかに悲しいかをその意味とともに味わうこと。

 

相談話における男と女の違い【おまけ】

 

もう一つ聞かせてもらったありがたい話 なんですが、

 

「女性の相談話は、意見を言わずにただ聞け。」

ってありますよね。

 

これは、「答えはすでに出ている。」

もしくは、

「答えが出せないという結論に達している。」からだそうです。

 

すでに長時間悩んでその人なりの結論が出ているので、意見は必要ないのだそうです。

 

ようするに、

相談しているのではなく、一緒に問題を背負う相手が欲しいだけ。

ということらしいです。

 

ちなみになんで女性限定か というと、

男性はあまり「一緒に問題を背負う相手を探す」ということはしないので、男性の相談話は本当に意見を求めていることがほとんどだからだそうです。

 

これを頭に入れて相談話を聞くと、より気持ちよく会話が進められると思います。

 

まとめ

 

聞き上手になるために重要なことをまとめると

  1. 熱心に話を聞く(傾聴)
  2. どんな話でもプラスに聞く(無条件の肯定的関心)
  3. 自分のことのように聞く(共感)

ですね。

3つだけとはいえ、簡単なことではないでしょう。

聞くのに徹するということは、自分を押し殺すことでもありますからね。

 

それを毎回のようにしなければならないカウンセラーって大変ですねー。(遠い目)

 

ここぞ!という場面で聞き上手になって信頼を勝ち取りましょう!