タイトル・キャッチコピー

キャッチコピー名作30選!有名広告コピーはやっぱりすごい【まとめ】

 

高校のときのあだ名は「キャッチコピー大好き野郎」でした。嘘です。

 

今回は厳選に厳選を重ね、30こを選びました。

 

素敵なキャッチコピーには長い小説にも匹敵する魅力が一行に込められています。

見ているだけでも楽しいですし、自分がキャッチコピーを考えるときの参考にもなります。

関連記事>>>タイトル・キャッチコピーはこう付ける!考え方のポイント11

 

有名なキャッチコピーには有名なわけが必ずあります。

 

是非、「なぜいいのか」を考えながらご覧ください。

最高におすすめな広告コピー本

毎日読みたい 365日の広告コピー

 

名作キャッチコピー30選

 

ちっちゃな本がでかいこと言うじゃないか

講談社文庫100冊の本 佐藤澄子

対比を使っていて、とても印象に残りますね。

 

太るのもいいかなあ、夏は。

伊勢丹 土屋耕一

「夏だから」でなにしてもいい気になりますよね笑
さわやかな気分になれるコピーですね。

 

なぜ、時計も着替えないの。

服部時計店/SEIKO 栗野牧夫

確かに。
何本も持ちたくなりますね。

 

キミが好きだと言うかわりに、シャッターを押した。

オリンパス商事OM10 福田恭夫

大好き。
甘酸っぱさと寂しさを感じますね。カメラの広告だとも分かりますし。

 

おっと、ウールカーペットなら、まだまにあいます。
ミルク、味噌汁、しょう油など。

国際羊毛事務局ウールマーク・カーペット 中塚大輔

最初の一行は何言ってんだ?と思わせてきて、二行目でなるほどってなる。
ザ・うまいコピーって感じですよね。

 

君のひとみは10000ボルト

資生堂/ベネフィークグレイシィ 土屋耕一

すごいインパクトですよね。
私はこのコピーの世代ではないんですが、なぜか知っていました。
それほど浸透しているコピーです。

 

なにも足さない。なにも引かない。

サントリー/サントリーピュアモルトウイスキー山崎 西村佳也

最高にかっこいい。
「これが完成形だ」と言わんばかりの自信。
これほどまでにブランド力を感じるコピーはないですね。

 

男も妊娠すればいいんだ。

オカモトSKINLESSミニ 根岸礼子

どういう意味を込めたのかは分かりませんが、強い意志を感じますね。
少し怖いですが、印象に残ります。

 

もういちど、自動車を発明します。

メルセデス・ベンツ日本Aクラス 角田誠 西橋佐知子

一見おかしい言葉ですが、そこがたまらない。

 

こんな時、セキが出なければいいが。

大塚製薬コデックせきどめ 秋山晶

「こんな時」に各々の想像する場面をあてはめさせるという技を使ってますね。
「想像させる」というのは広告コピーの基本です。

 

そうだ京都、行こう。

東海旅客鉄道 安西俊夫 佐々木宏 太田恵美

誰もが知っているコピーですね。
回りくどい言い方をせずに、京都に行こうという気にさせられる。
一見誰でも考えられそうなところがピカソ的です。違うか。

 

昨日は、何時間生きていましたか。

パルコ 中畑貴志

私が衝撃を受けたコピーです。
「何言ってんだこいつ。24時間だわ。」という人は帰ってください。

 

彼女がほしい?その鼻毛で?

松下電工鼻毛カッター 芳谷兼昌

イラっとしつつ買っちゃいますね。鼻毛カッター。
「鼻毛カッター買ったー安かったー」とか言いながらね。
ごめんなさい。

 

大人は来年がすきだなあ。

伊東屋手帳とカレンダー 林まり子

わたしは「来年は~します!」という人への煽りだと受け取りました。
ギクッとしましたね。

 

予想外。

ソフトバンクモバイル 澤本嘉光

「なにが!?」ってなります。まあそれが狙いなんでしょうけど。

 

牛乳に相談だ。

中央酪農会議 岡野草平

身長をのばすには牛乳だよ!というのを遠回しに言っているんでしょう。
考えた人天才だと思います。

 

生年月日を捨てましょう。

宝島社 前田知巳

いろいろな意味がこもってそうですね。
年功序列とか、肩書に縛られてる社会へのメッセージなんでしょうか。

 

生きるが勝ちだよ、だいじょうぶ。

セゾンカード/セゾングループ 中畑貴志

泣きそうになります。
セゾンカード大好き。ってなる。

 

目の付け所がシャープでしょ。

シャープ 中畑貴志

これまた有名なコピーですね。
シャープという社名をうまく入れつつ他とは違うことも伝わります。

 

ハートをあげる。ダイヤをちょうだい。

サントリー/サントリーのバレンタインギフト 米嶋剛

洒落てますねー。
トランプの記号的な意味と、かけてるんですね。

 

地球に、ポッと桜色になっているところがあるとしたら・・・京都です。

東海旅客鉄道 太田恵美

京都に行きたくなりますね。
この記事内で二回目の「京都行きたい」です。

 

ある日、日経は顔に出る。

日本経済新聞社 松下武史

ほんとにすごい。
ひとことで読む気にさせるこの上ないコピーですね。

 

着信履歴が全部母。

日本たばこ産業/ルーツ 岩田順平・関健太郎

なんで日本たばこ協会が出したのかはわかりませんが、くすっと笑えていいですね。

 

高速中国ANA

全日本空輸 一倉宏

こんなに最小限で必要なことを全部伝えられるのはすごいです。

 

この国には、まだ掃除しきれていない20世紀が、いっぱいあると思う。

宝島社 前田知巳

ただひたすらにカッコいい。

 

恋が着せ、愛が脱がせる。

伊勢丹 眞木準

初めて見たとき、まじで感動しました。

 

飲み会で仕事の話をやめた。すると話題がなくなった。

リクルート人材センター 梅沢俊敬

ギクッとなる人すごい多いでしょうね。
考えさせられます。

 

ベランダでタバコを吸う人を、ホタル族と言いまして。

松下電器産業/エオリア 佐々木洋一

なんておしゃれな言い方なんでしょう。

 

大好きというのは、差別かもしれない。

イザック/Y’SACCS 佐倉康彦

差別とは。というのを考えさせられますね。

 

最後に

 

「もっとたくさんキャッチコピーを知りたい!」

「手元に置いていつでも見返せるようにしたい!」

という方にはこういった本もあります。

 

キャッチコピーって「分かりやすさ」とか「キャッチーさ」とかだけじゃないんですよね。

映画や小説にもたまにありますが、「あえてはっきり描かない」といった読者に想像させる仕掛けなんかも使われていて、深いですよね。

それでは最後に私の渾身のキャッチコピーをお届けします。

友達から借りたイヤホンには、たくさんの耳くそが入っていました。

イヤホン製作所() 

これは、飛ぶようにイヤホン売れますね。(確信)

 

関連記事>>>タイトル・キャッチコピーはこう付ける!考え方のポイント11